Copyright © PS-management All rights reserved.

  • Facebookの社会的なアイコン

主要講座紹介

PSマネジメントで実施している研修の一例です。

​その他、ご要望に応じてカスタマイズ致します。

・海外幹部社員赴任者としてのグローバルマネジメントの上級を体験学習する

・己のミッションを英語でしっかり伝えるワークと質問スキルを体験学習することで、現法就任時にナショナルスタッフに期待されるリーダーになる

・組織に融合し、結果を出すことに対する、不安や知りたいことを整理し、講師の体験談や講義を聴いて ビジョン共有

型やチーム力引き出し型(コーチング型)リーダーになる為に己が何をすべきかを気付く

 

テキストです。ここをクリックし「テキストを編集」を選択して編集してください。「テキスト設定」からフォントや文字サイズ、文字色などを変更することもできます。

グローバル マインドセット研修

概要

 

  1.  異文化(日本と異なるものの考え方や判断基準)の実態を学び、“グローバルな広い視野に立ったものの考え方ができるようになりたい”とマインドセット(前向きに思う)をする。

  2.  あらゆる問題を総合的にグローバルな視野で判断し、多様な人々とコミュニケーションできる「世界で勝ち抜くグローバルメジャープレーヤー」になる為に必要なことを気づくこと。 

  3. 英語で自分をしっかりアピールできる自己紹介の仕方を実践的に習得する。

  4. Max講師の実体験からグローバルビジネス環境を身近に認識し、ケーススタディなどのグループ討議やペアワークを通じて相互啓発をしながら、グローバルメジャープレーヤーとなる為の「自己研鑽実行計画書」を編成することをゴールとする 

 

海外赴任前コミュニケーション研修(若手社員対象)

概要

 

・海外赴任時のグローバルコミュニケーションの基礎を体験学習する

・英語で自分をしっかりアピールできる自己紹介の仕方を実践的に習得する

・英語で自己主張をしっかりプレゼンテーションできるようになる

・合意形成をする電話会議体験(日本語)を通じてファシリテーション スキルの基礎を体得する

 

海外赴任前マネジメント研修(現法幹部社員対象)

概要

 

3名がグループになり、相互に己の現地でのミッションを発表。 残りの二人が、そのミッションの内容に関して、本人に気づきを与えられる複数の質問をする。 ミッション発表者は、その質問の1つを選んで回答。 何故その質問を選択したのか?に関して説明。 現地に赴任して最初にリーダーとして、ナショナルスタッフの信任をえる最重要ポイントを事前学習。 (英語・日本語はチームのレベル次第)

・現地リーダーとなるにあたって、不安や知りたいことをグループ毎に付箋に書きだし、テーマごとにまとめる。 

・講師体験談や講義から対応策を付箋に書きだす。

・最後に不安や知りたいことの回答を結びつけていく。

・上記ワークをグループ毎にファシリテーターを選び、発散―共有―収束という合意形成のツボも学習する。

・現地へ着任後仕上げる GROWモデルをオリエンテーション

・最後に「気づき」「コミットメント」を発表し、ふりかえりをする。

 

​〇〇研修

概要

 

業務改善や新商品開発など、あらゆるビジネスの場面で多くの斬新なアイデアが求められています。「ところでアイデアを創出する」とは?アイデアはひらめきではありません。既知情報や経験を結合して新しい情報をつくる。これがアイデア創出の極意です。研修を通じて創造力を学べば、創造性は創造(成果)に結実し、誰もが限られた時間内で多くのアイデア、良いアイデアを引き出すことが可能となります。

特徴

このセミナーでは、演習を通じ、さまざまなアイデア創出技法に取り組みます。 知っているだけではなく、正しい使い方を知ることで、創造力は飛躍的に向上します。 頭を使い、他の参加者からの刺激を受けながら楽しく技法を身につけることができるセミナーです。

セミナーのゴール

・「アイデア創出の阻害要因/アイデア創出の着眼点/着想のアイデアと発想のアイデア」という視点からアイデア創出のポイントを理解する。
・アイデア創出のための代表的な3系統技法「自由連想法/強制連想法/類比思考法」の代表的な技法運用の勘所を習得する。